60代 女性 手首の痛み

来店動機

事務仕事で左手首が痛むことがあり、巻き肩・猫背も気になっていたので来ました。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

事務仕事で左右の手を使う作業が多く、1日中文章を書いていることもあり、手首や前腕の筋肉に炎症を起こし、痛みが出ている。

どのような時に痛みがでるか

仕事をしている時。

字を書く時。

身体所見と治療、経過

初回施術

長時間字を書いていることが多く、前腕部に力が入り、屈筋群に炎症が起こり痛みが出ている。

炎症により、前腕部に硬さや痛みが出ている。

痛みを発生させている炎症を取るため、前腕部に冷却と筋肉の硬さを取り除くためにローラーで処置をした。

巻き肩・猫背を改善させるために、矯正を行った。

治療後、手首の痛みは軽減し、矯正で背中の可動域が上がった。

二回目施術(3日後)

前回の治療後、痛みは下がったが、文字を書いてしばらくすると少し戻ってきた感じがする。

矯正後、怠さなどの反応はなかった。

前腕部の反応は良好なので再度ローラーで処置をした。

手首の安定性を持たせるために、テーピングを行った。

姿勢の改善のため矯正を再度行った。

三回目施術(初回から5日後)

テーピングの相性がいいのか、ほぼ痛みを感じなかった。

姿勢の方が気になるので矯正を行った。

五回目施術(初回から12日後)

前回以降仕事で字を書いていても、痛みを感じなくなった。

今後は猫背・巻き肩をメインで行っていく。

 

 

最後の施術(初回から2ヶ月後)

仕事中の手首の痛みも無くなった。

巻き肩・猫背も改善した。

患者様からのコメント

事務仕事のせいか、左手首が痛むことがあり、ネットで検索して整骨院を見つけ、来院しました。後ろ姿・横向きの撮影があり、体の右側が上がっているとのことで矯正を勧められました。巻き肩・猫背も気になっていたので、お願いすることにしました。手首の痛みには効かないだろうと思っていたところ、3回目終了後には、テープを貼ってもらうことで痛みがなくなりました。今後は巻き肩・猫背がどこまで治るのかが楽しみです。

担当者からのコメント

お悩みだった手首の痛みが良くなり安心しております。

我々も悩まれている方を多く診てきましたが、

骨格を整えることで、再発しにくい身体を作ることができます。

症状が酷くなると、痛みがひどくなり生活にも支障が出てしまいますので、生活習慣も気を付けてください。

今後も仕事などで体への負担が加かってくると思いますが

もし、困ったことがありましたら、いつでも当院までご相談ください!!

腱鞘炎について詳しくはこちら

腱鞘炎

この記事に関する関連記事