20代の女性 側彎症

来店動機

あお向けで寝ると右の背中だけ浮く違和感とテレワークでの肩コリが気になり来ました。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

長時間のパソコン作業が続き肩に負荷が加わり負傷。

長年の姿勢不良。

 

どのような時に痛みがでるか

長時間のパソコン作業。

あお向けで寝るとき。

身体所見と治療、経過

初回施術

側彎症もあり骨盤や骨格の歪みがあるので、骨盤の高さが変わりバランスをうまく取れていないので筋肉や骨格にストレスがかかっている。

骨格の歪みを取るために特別診療のローラーで歪みやねじれを取り骨格に対するストレスをなくし、筋肉調整で筋肉のハリを取りバランスを整える。

骨格や筋肉にかかってるストレスもだいぶ強かったので3日後に施術を実施。

 

 

二回目施術(2日後)

前回施術後、背中の感覚が少し変わったが、肩こりは相変わらず。

施術は筋肉調整と背骨の矯正を実施。

自宅で出来る簡単なケアとして体操を指導。

三回目施術(初回から5日後)

腰は反りやすくなり少し良くなってきた。

まだ肩こりと寝るときの右の背中が浮くのは気になる。

今後は、矯正と筋肉調整でやっていく。

自宅で出来るケアとして体操、

患者さん自身にもご自宅でのケアをするように伝えた。

五回目施術(初回から12日後)

背中の浮く感じは少しずつ改善してるが、テレワークの時間が長く、肩がつらい。

体操は自宅でやれている。

最後の施術(初回から2ヶ月後)

肩こりは少し気になるが背中が浮く感じは気にならなくなった。

患者さんから

「矯正を受けたら浮いてる感じがなくなり、日常生活でも姿勢をキープしやすくなりました。」

と患者さんから喜びの声をいただきました。

患者様からのコメント

身体のバランスが悪いと感じていました。

寝るときに片方の腰が浮いていました。

1か月の骨盤・猫背矯正を受けてたら、浮いている感じがなくなりました。

日常生活の中でも姿勢もキープしやすくなりました。

担当者からのコメント

お悩みだった肩こり、背中の違和感が良くなり安心しております。

コロナの影響で生活スタイルが変わり大変だと思います。

我々も悩まれている方を多く診てきましたが、

骨格を矯正することで、正しい骨格を身体が覚えてくれます。

症状が酷くなると、痺れも出やすくなり、仕事が手につかなくなってしまいます。

今後も育児などで体への負担が加かってくると思いますが

もし、困ったことがありましたら、いつでも当院までご相談ください!!

テレワーク 肩こりについて詳しくはこちら

テレワーク 肩こり

この記事に関する関連記事